汗とワキガの関係性

「ワキガ」と「汗クサイ」を徹底比較

「ワキガ」と「汗クサイ」は別物

 

「ワキガ」と「汗クサイ」というのは、全くの別物です。ニオイの感じ方も、違いますよね。

 

ただ、これらの共通の原因は「汗」。この汗が出てくる汗腺の場所が異なるのです。

 

汗をかく場合、通常は「エクリン腺」から汗が分泌されます。これ自体は、不快なニオイはしません。一方、ワキガのニオイのもととなる汗をかく場合は、「アポクリン腺」から汗が出てきます。ニオイの原因である「汗」は共通していますが、その種類が全く違うので、ニオイも違うんです。

 

エクリン腺から出る汗というのは、実は99%が水。残りの1%は、アンモニアや塩分です。

 

アポクリン腺から出る汗には、脂肪やたんぱく質、糖質などが混ざっているので、汗自体の性質も全く別物なのです。エクリン腺から出る汗とは違って、ニオイのもともたっぷり含まれていることが分かりますよね。

 

一概に「汗」と言っても、種類があるということになります。

 

 

更に具体的な違いとは?

 

アポクリン腺から分泌される汗、つまりワキガの原因となる汗は、粘り気があって白っぽいのが特徴です。そして、量も多い!

 

だから、ワキガの人の洋服のワキの部分は黄色くなると言われるんです!通常の汗とは異なり、色々な成分が混ざっているのでそうなってしまうのです。

 

一方、普通の汗は無色透明です。99%が水なのですから、当然と言えば当然のこと・・・

 

こうやって比較してみると、汗が出る汗腺も違えば、汗の成分まで違うということが分かります。だから、放たれるニオイも全く別物になるのです。