ワキガのニオイの悩みを解決

お金をかけずにできるワキガ対策とは?

すぐにできるワキガ対策

 

「自分はワキガかもしれない・・・」と思っても、人に聞けるものでもないですし、それに気付いている人でも、「ワキガだよ」なんてストレートに言ってくれるはずもないでしょう。

 

だから、ワキガだという前提のもと、自分でできるワキガ対策はいくつかあります。もちろん、手術などではなく、今すぐ始められる簡単なものばかりですので、ご紹介していきます。

 

 

シャワーだけでなく湯船にも浸かる習慣を!

 

お風呂に毎日入るというのは、当たり前のことですが、これは結構大事なことです。シャワーだけではなく、できれば夏場でも湯船に浸かるのが理想的です。

 

普段、運動をしない人は、特に要注意です。運動をしないということは、汗をかく機会がないということになります。汗をかいていない汗腺(エクリン腺)は、発汗能力が低下し、汗をかいた時に、強烈なニオイを放ってしまいます。だから、お風呂で汗をかいて、しっかりと洗い上げておくことが大事になってくるのです。

 

また、ワキガのニオイを悪化させる菌は、皮膚の表面にたくさんいます。湯船に浸かって、徹底的に菌を追い払いましょう!

 

 

食生活の見直し

 

食生活が肉中心の人は、要注意です。肉を多く摂取していると、皮脂の分泌も盛んになります。それに伴い、アポクリン腺も発達してしまうので、ワキガのニオイの原因になってしまいます。

 

欧米の方なんかは、ワキガの人が多いですよね。それは、やはり食生活も大きく関係しています。野菜を食べないような食事、ファーストフードやジャンクフードばかりを食べるのは危険です。これは、ワキガだけに関わることではなく、健康面のことを考えても、見直した方が良いです。

 

食生活の見直しは、ワキガのニオイを軽減させることができます。昔ながらの野菜中心の日本食が一番でしょうね!

 

 

汗はこまめに拭きましょう

 

ワキガの原因に、「汗」は大きく関係しています。その汗を、菌が分解する前に、こまめに拭くだけで、ニオイは防ぐことができます。外出先、仕事中などだと、なかなか難しい場合もあるかもしれませんが、汗を拭くというのは、もっとも効果的な方法なのです。

 

ハンカチやタオルなどよりも、使い捨てのデオドラントシートやウエットティッシュなどの方が衛生的です。ハンカチやタオルなどは、繰り返し使うのは不衛生ですし、拭いた後はそのハンカチやタオル自体がニオイを放ちます。

 

アポクリン腺から分泌される汗というのは、運動してかく汗というよりも、緊張したり、ストレスを感じたりすることによってかく汗の方が圧倒的に多いので、極度に気にしすぎないようにすることも、対策としては有効になります。