ワキガのニオイの感じ方

ワキガの種類と強さ

ワキガのニオイも様々

 

人それぞれ体臭が違うように、同じワキガであっても、ニオイの種類は様々です。ツンとしたアンモニアのような刺激臭だったり、プラスチックが劣化したニオイに例えられることもあります。また、そばつゆのような酸っぱいニオイがすると感じる人もいます。

 

ワキガのニオイのもととなる汗によって、そのニオイも変わってきます。脂質や糖質の多い食生活を送っていれば、更にきついニオイにもなりますし、食べ物の与える影響というのもかなり大きいものとなっています。

 

ワキガのニオイ=外国人のニオイという印象を持つ人も多いことでしょう。

 

あと、たとえとして多いのは、鉛筆の芯のニオイ、チーズ、雑巾などになります。ニオイというのは、鼻で感じるものなので、人と同じ見解を出すのが難しいところでもあります。

 

 

人によって強さも違う

 

肥満の人は、よりワキガのニオイが強くなりやすいというお話をさせていただきましたが、他にもニオイが強くなる要因があります。

 

ニオイの強さを決定づけるのは、ニオイのもととなる汗を放出するアポクリン腺の数です。数が多ければ多いほど、ニオイは強くなります。明らかにワキガのニオイがする人もいれば、よ〜く嗅いでみると、ほのかにワキガのニオイがする人など、様々です。

 

強いワキガの人のアポクリン腺は、多いうえに、ひとつひとつが大きいという事実もあります。そして、通常は茶色のアポクリン腺なのですが、これが真っ黒な人もいます。真っ黒アポクリン腺の持ち主のワキガは、相当強いニオイを放ちます。

 

ひとことでワキガと言っても、強度やニオイの種類が様々だということが分かります。自分の強さや種類を知ることも、対策を講じるうえで非常に重要です。