ワキガを本人へ指摘するのか?!

彼氏のワキガ問題に一緒に取り組む方法

彼氏がワキガだったらどうする?!

 

付き合い始めた頃は気付かなかったのに、彼氏がワキガだったらショックですよね。友達なら受け入れられることでも、彼氏となると、また違ってきます。

 

しかも、付き合っていて、相手のことを好きになっていたら、ワキガを理由に別れるということも、なかなかできることではありません。

 

そして、本人は気付いていないという状況だった場合、どうするのが良いのでしょうか。自分で気付いているのであれば、相談に乗ってあげて、精神的にもサポートできますが、まずはワキガだという自覚を持ってもらえないことには、何の対策もできませんよね。

 

でも、ストレートに「あなたはワキガだよ!」なんて、言えるはずないですよね。そんな風に言っては、傷付けるだけです。

 

 

どうやって伝えるのが良いのか?

 

一緒にいる時に、さりげなく「ちょっと臭うんじゃない?」と、やんわり伝えるのがベストでしょう。ワキガという言葉は、あまりにもストレートなので、最初に言うべきではありません。

 

でも、臭うからと言って、離れたりすることはないということが分かるように接してあげれば、彼も心を許して、きっと安心してくれるはずです。

 

そして、一緒にワキガ対策用のクリームを試してみたり、普段できる予防方法を勉強したりして、一緒に努力していけば、二人の仲もますます深まるでしょう。ワキガ対策用のクリームをいくつか用意して、「使ってみたら〜?」と勧めてみるのも良いかもしれませんね。

 

彼が一人で抱え込まないように、二人の問題として取り組んでいけば、お互いに辛い思いをせずに過ごせるのではないかと思います!